ブロックチェーン開発者になるには

間違いなく、世界全体で産業の大変革が起こっており、ブロックチェーン技術がそこに大きな役割を果たしています。これは、多くの人にとって、特にブロックチェーン開発者になりたいと思っている人にとっては、絶好の機会になるかもしれません。 しかし、初心者にとっては、ブロックチェーンを学ぶのには時間がかかり、忍耐が必要とされます。ここ2、3年で、ブロックチェーン開発者の需要は大幅に増加しています。 ブロックチェーンは以前から有望な分野でしたが、ようやく世界がその技術の真の可能性に気づき始めています。ブロックチェーン開発者になりたいなら、当社からは役に立つヒントをいくつかご紹介できます。有望な分野でのキャリアを始めて、お金を稼ぎましょう。 

基本を学ぶ 

他のテクノロジーと同様、まずは基本を学ぶ必要があります。つまり、基本的なアーキテクチャ、考え方、コンセプトを学ぶ必要があります。分散型アプローチと秘密鍵・公開鍵、コンセンサスの使用などについて理解しましょう。 また、ブロックチェーン関連用語に目を通し、基本的な概念を理解しておきましょう。ブロックチェーンの原理を理解し、開発ツールを把握しておく必要もあります。それに加えて、ブロックチェーンのエコシステムについても学ばなければなりません。 ブロックチェーン技術は長年にわたって発展してきたので、エコシステムも大きく変化してきました。ブロックチェーンプラットフォーム、人気のdApps、BaaSサービスとしてのブロックチェーンについて学びましょう。  ブロックチェーンのプロセスを徹底的に学ぶ 次のステップでは、実際にブロックチェーン実装に慣れましょう。ブロックチェーン開発者は簡単に見つかりますが、限られた知識しかなく、実際に開発経験のない人が多いです。 基本的な暗号通貨の取り扱いから始めてみましょう。最初から、取引や投資を始めることはお勧めしません。暗号通貨を幾ばくか購入してみて、オフラインのウォレットで保管しましょう。このようにして、ブロックチェーンの一番重要な使い方に慣れることができます。 コインを保管したい場合は、ウォレットを作成する必要があります。デジタルウォレットなので、簡単に作成できます。ただし、秘密鍵は必ず控えておきましょう! 

コーディングを始める 

暗号に関する実用的で基本的な理解が深まったら、今度はコーディングに挑戦です!初心者には、Solidityという言語から始めることをお勧めします。このプラットフォームは、dAppsやスマートなイーサリアムブロックチェーンの開発に利用できます。 また、様々なブロックチェーンプラットフォームのオープンソースコードを試してみたくなるかも知れません。オープンソースのコードでしたら学習に自由に利用できます。しかし、オープンソースのブロックチェーンを作成・維持することは簡単ではなく、分離、リソース管理、パフォーマンス、セキュリティといった課題を克服する必要があります。

ブロックチェーン技術とは? 

ブロックチェーン技術は、実装されて15年近くになりますが、いまだに理解しにくいものと思われています。まずは、基本的なことから学んでみましょう。 ブロックチェーン技術は、暗号取引を可能にします。最も有名な暗号通貨として、ビットコインがあります。暗号通貨は米ドルと同じような価値の交換媒体ですが、その形態はデジタルであり、暗号化手法を用いて通貨単位の生成を制御しています。  ブロックチェーンと暗号資産  簡単に言えば、ブロックチェーンには、世界中で行われた全ての暗号取引が記載されています。システム上に保存された情報は、侵入や変更が不可能です。誰もこのシステムを騙せないのです。 公開ブロックチェーンは、ネットワークに接続されている全てのコンピュータに対して全取引の情報を分散して保存しています。暗号取引やマイニングを行っている人など、誰もがデータを参照できます。  従来のデータベースよりも複雑ですが、セキュリティに関してはブロックチェーンの方が信頼性が高いと言えます。所有者の許可や暗号化された秘密鍵がなければ、どんな団体や個人もデータにアクセスできません。 アイデア自体は、2009年にビットコインが大発展を遂げるよりずっと前に開発されていましたが、暗号通貨以外の目的で使用する人はいませんでした。実際には、ブロックチェーン技術は、医療や健康といった情報の保存にも使用できますが、現時点では、主に暗号通貨の取引に注目が集まっています。  ブロックチェーンはどのように機能する?  その名の通り、データはチェーンで連結されたブロックに格納されています。新しいデータが入ってくと、その都度新しいブロックが生成され、そのブロックがデータで一杯になると、前のブロックに連結されます。この際、全てのデータは時系列で連結されます。チェーン上の各ブロックには、複数のトランザクションが含まれています。 表計算シートの場合、アクセスしたり変更したりできるのは、1人または少人数のチームだけ。データベースはあらゆる情報を保存でき、多くのユーザーがアクセスできます。しかし、データベースを完全にコントロールできるのは、1人の個人や団体だけです。 一方、ブロックチェーンは分散化されており、いかなる個人や団体にも所有されていないため、より信頼性と安全性が高いと言えます。 ブロックチェーンがこれほど注目される理由  これまで、デジタル通貨を作る試みはたくさんありましたが、すべて失敗に終わっています。その理由は、信頼性に問題があったからです。例えば、誰かが新しい通貨を作ったとして、その人が自分のために多額の利益を横領したり他人から盗んだりしないことを完全に信じられるでしょうか。 ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれるデータベースを使うことで、信用問題を見事に解決しました。ブロックチェーンには所有者がおらず、使用者全員で運営しています。仕組み上、ビットコインを偽造したり、同じビットコインを二度使ったりはできません。

最高の暗号通貨・分散型カジノ

ブロックチェーン技術は、いろいろな意味でオンラインギャンブル業界を形作ってきたと言えます。ブロックチェーン技術から生まれたものの一つに、完全にブロックチェーン上で動作するオンラインカジノである分散型カジノがあります。 今のところ、分散型カジノに関する情報が少ないため、見つけるのには少々困難が伴います。そこで、ギャンブルのスキルを試せるお勧めカジノのリストを作成しました。 ここでは、現時点で最高の分散型カジノ4つをご紹介します。

Peergame(ピアゲーム)

Peergameは、完全にビットコインSV(BSV)上で動くゲームプラットフォームとして話題になりました。先駆的ブランドの一つとして、BSVでできることを示し続けています。 ほとんどの分散型カジノと同様、Peergameでは、大半がBSVブロックチェーン上で直接実行されるゲームを提供しています。つまり、このプラットフォームでしかできないユニークなゲームを提供しているということです。 主なゲームは、バカラ、ラダーゲーム、タートルレース、ビットの4つです。全ゲームが携帯端末に対応しており、パソコンでもマックとウィンドウズの両方でプレイできます。

EarnBet.io(アーンベット)

EarnBet.ioは、この種の分散型カジノの先駆者であり、キュラソーから運営ライセンスを取得しています。また、多くのプレイヤーにはEOSBet.ioとして知られていますが、EOS以外の暗号通貨も受け入れるようになってから、EarnBet.ioへと名称を変更しました。 現時点で、EarnBet.ioはLTC、ETH、BCH、BTCなどの通貨を受け入れています。プレイヤーは、こうした暗号通貨を使って、ブラックジャック、クラッシュ、バカラ、ヒロ、サイコロに賭けることができます。また、このカジノでは、プレイヤーが新顧客を紹介すると、その人が賭けた金額の0.1%を獲得できる紹介プログラムがあります。 他にも、くじが当たったり、一生の配当を受け続けたり、ベットトークンを獲得したりする機会があります。全体的にみて、ギャンブラーにとって素晴らしいサイトと言えます。 

Edgeless.io(エッジレス)

Edgeless.ioは、イーサリアムを使った初の分散型カジノです。ここもキュラソーのライセンスを取得して、EDGなどの自社トークンを採用しています。ただし、Edgeless.ioでは、LTC、ETH、BTC、およびGBP、EUR、USDなどの法定通貨も受け入れています。 多くのギャンブラーに人気の理由は、ゲームの豊富さ、プロモーション、カジノボーナスが挙げられます。本プラットフォーム上では、ビデオポーカー、スロット、ルーレットなどが最も人気。プレイヤーは、毎週3%のキャッシュバック、賞金20000 EDGの宝くじ、専用VIPクラブへのアクセスを楽しめます。 新規登録ボーナスも提供しているので、忘れずに受け取りましょう。

Casinofair(カジノフェア)

四つ目のCasinofairは、イーサリアムブロックチェーンで構築したプレミアム分散型カジノです。このカジノは、ファンフェア・テクノロジー社独自のプラットフォームにより設計されており、独自のERC20トークンであるFUNとETHを受け入れています。 ギャンブラーは、11種類のすぐに勝敗が分かるゲーム、12種類のカジノゲーム、6種類の独自ゲームから選んでプレイできます。新規プレイヤーにとっては嬉しいことに、新規登録ボーナスがもらえます。全体的には、面白いゲームがたくさんあるプラットフォームであり、ここでのギャンブルで楽しく暗号通貨を使ったり稼いだりできるでしょう。