間違いなく、世界全体で産業の大変革が起こっており、ブロックチェーン技術がそこに大きな役割を果たしています。これは、多くの人にとって、特にブロックチェーン開発者になりたいと思っている人にとっては、絶好の機会になるかもしれません。

しかし、初心者にとっては、ブロックチェーンを学ぶのには時間がかかり、忍耐が必要とされます。ここ2、3年で、ブロックチェーン開発者の需要は大幅に増加しています。

ブロックチェーンは以前から有望な分野でしたが、ようやく世界がその技術の真の可能性に気づき始めています。ブロックチェーン開発者になりたいなら、当社からは役に立つヒントをいくつかご紹介できます。有望な分野でのキャリアを始めて、お金を稼ぎましょう。 

基本を学ぶ 

他のテクノロジーと同様、まずは基本を学ぶ必要があります。つまり、基本的なアーキテクチャ、考え方、コンセプトを学ぶ必要があります。分散型アプローチと秘密鍵・公開鍵、コンセンサスの使用などについて理解しましょう。

また、ブロックチェーン関連用語に目を通し、基本的な概念を理解しておきましょう。ブロックチェーンの原理を理解し、開発ツールを把握しておく必要もあります。それに加えて、ブロックチェーンのエコシステムについても学ばなければなりません。

ブロックチェーン技術は長年にわたって発展してきたので、エコシステムも大きく変化してきました。ブロックチェーンプラットフォーム、人気のdApps、BaaSサービスとしてのブロックチェーンについて学びましょう。 

ブロックチェーンのプロセスを徹底的に学ぶ

次のステップでは、実際にブロックチェーン実装に慣れましょう。ブロックチェーン開発者は簡単に見つかりますが、限られた知識しかなく、実際に開発経験のない人が多いです。

基本的な暗号通貨の取り扱いから始めてみましょう。最初から、取引や投資を始めることはお勧めしません。暗号通貨を幾ばくか購入してみて、オフラインのウォレットで保管しましょう。このようにして、ブロックチェーンの一番重要な使い方に慣れることができます。

コインを保管したい場合は、ウォレットを作成する必要があります。デジタルウォレットなので、簡単に作成できます。ただし、秘密鍵は必ず控えておきましょう! 

コーディングを始める 

暗号に関する実用的で基本的な理解が深まったら、今度はコーディングに挑戦です!初心者には、Solidityという言語から始めることをお勧めします。このプラットフォームは、dAppsやスマートなイーサリアムブロックチェーンの開発に利用できます。

また、様々なブロックチェーンプラットフォームのオープンソースコードを試してみたくなるかも知れません。オープンソースのコードでしたら学習に自由に利用できます。しかし、オープンソースのブロックチェーンを作成・維持することは簡単ではなく、分離、リソース管理、パフォーマンス、セキュリティといった課題を克服する必要があります。