仮想通貨のボラティリティ管理システム「DUO Network」

仮想通貨の時価総額は、8000億ドル以上だったピーク時以来、その70%もの価値が失われてしまいました。

このような冬の時代に耐えることができるデジタル資産は、果たしてあるのでしょうか。ここで、次の2つのコンセプトについて考えてみましょ

【ステーブルコインとは】

ステーブルコインとは、安定した資産(USD、金など)にペッグされた仮想通貨です。他の仮想通貨とは異なり、その価格安定性とボラティリティの低さにより、ステーブルコインは良い交換手段や価値貯蔵手段となります。

【ステーブル·コインが必要な理由?】

安定性:給料をビットコインで受け取りたいですか?ビットコインでピザを買えるでしょうか?おそらく、その答えはNoでしょう。なぜなら、現在の仮想通貨価格は、変動が大きすぎるからです。価格が不安定であるために、仮想通貨が支払手段として機能しないのです。
接着剤: ステーブルコインは、ポートフォリオ管理の一環として、例えばOTC取引、ローンの担保、国際送金、安全資産など、あらゆる種類の金融活動に幅広く適用することができます。

【ステーブルコインの種類】

➊ 法定通貨を担保にしたステーブル·コイン – USDT

「原則」:中央機関が法定通貨の準備金を担保として保有し、IOUとして機能するトークンを発行します。
USDTはTetherとして発行され、米ドルと1:1にペッグされます。つまり、1USDTが発行されるたびに、銀行口座に1USDが保管され、USDT所有者はこの通貨をいつでも、米ドルまたはビットコインに交換することができます。
「長所」:簡素であり、また効率的に価格の動きに対応することができます。
「短所」:中央集権的である点が問題です。法定通貨を担保にしたステーブル·コインは、「信頼が必要ない」「分散型」といった、ブロックチェーン技術の基本的概念に反するものです。ユーザーは、中央機関の信用リスクの影響を受けることになります。たとえば、Tetherが請求される際に、対応する米ドルが銀行にあるかどうかは疑問が残ります。
類似の仮想通貨はTrueUSD、DSDC等。

 

➋ アルゴリズム中央銀行 – Basecoin

「原則」:担保の必要がない。価格を維持するため、システムがステーブルコインの供給をアルゴリズムで調整します。
Basecoinは、このタイプの代表的なステーブルコインです。 Basis(ステーブル·コイン)に加えて、Base bondとBase sharesと2つのトークンがあります。 Basisの価格が$ 1USDを下回ると、ブロックチェーンはBase Bondトークンをオークションに掛けてBasisを回収します。 Basisの価格が$ 1USDを上回ると、ブロックチェーンは、価格を下げるために新しいBasisを発行します。
「長所」: 担保が必要とされない。
「短所」:モデルは典型的には、発行されたステーブル·コインの需要が増加していくと想定しています。この仮定が成り立たない場合は、モデルが下向きのスパイラルの影響を受けやすくなります(たとえば、Base bondのオークション価格がBasisの価格が一緒に下落する)。
類似の仮想通貨はReserve、Carbon Money、Kowala等。

 

❸ 仮想通貨担保 – Bitshare

 

 

 

 

「原則」:提供される$ 1USDのステーブル·コイン·トークンごとに、$ 1 USD以上のデジタル資産が担保資産としてデポジットされます。過剰な担保化は、基礎となる資産のボラティリティが高いために必要なものです。
「長所」:分散型であり、透明性が高い。
「短所」:基礎となるデジタル資産価格の突然の下落に対して脆弱である。

類似の仮想通貨はMakerDAO、Alchemint、そしてこの記事のメイントピックであるDuo Network!

DUO Networkは、ストラクチャード·ファンド(Structured Fund)にひらめきを得た、二つの目的を兼ね備えた分散型金融システムです。

スマートコントラクトBeethoven(ベートーベン)にETHなどのデジタル資産をデポジットすることを通じて、二つのタイプのトークンが創造されます。

トークンAは、米国ドルで固定金利収入を蓄積し、価格は比較的安定しており、高品質な安全資産です。

トークンBは、主流のデジタル資産を買うことにより、ダイナミックなレバレッジ·キャピタル·ゲインを獲得します。

要するに、トークンAはデジタル資産の価格変動をトークンBに移転しているということです。デポジットされたETHの償還を行うことにより、ユーザーは同じ量のトークンA·Bをベートーベンに送り、同じ量の正味価値のETHを受け取ります。

【パフォーマンス】:

投資家がA、Bをそれぞれ保有することで得ることが期待されるリターンは?

ETHの価格が1,000米ドルであると仮定しましょう。1ETHをデポジットすると、500個のトークンAと500個のトークンBが創造されます。1個のトークンA·Bの価値は1USDです。投資家は、固定年間リターン(たとえば12%)を受け取ることが、ベートーベンにより保証されます。トークンBの投資家は、すべてのETH価格リターンを受け取り、トークンAの固定リターンを支払います。

ケース1:ETH / USD価格が3ヶ月後に1,000から1,200に上昇(20%増)
トークンAの投資家は$15(3%)を受け取り、トークンBの投資家は$185を受け取ります。Bのリターンは37%です。

ケース2:ETH / USD価格が3ヶ月後に1,000から900に下落(10%減)
トークンAの投資家はそれでも$15(3%)を受け取りますが、トークンBの投資家は$115を失います。Bのリターンは-23%です。

ケース3:ETH / USD価格が3ヶ月後に1,000(フラット)を維持
トークンAの投資家はそれでも15ドル(3%)を受け取りますが、トークンBの投資家は$15を失います。Bのリターンは-3%です。

トークンAの金利やトークンBのリータンは、上向きおよび下向きのリセット時にそれぞれ決済されます。要約すれば、Duoエコシステム全体の中に、3つのトークンがあります:DUO、トークンA、トークンB です。DUOコインはクラウド·ファンディング後には決して発行されませんが、トークンA、B は、ETHが担保としてデポジットされる限り、創造することができます。

DUO、トークンA、トークンBは、流通市場で自由に流通します。このことは、もう一つの興味深い現象を引き起こします。いわゆる、「裁定取引」です。

【裁定】
皆さんご存じのように、流通市場におけるトークン価格は、市場の需給関係によって決定されます。必然的に、トークンAとトークンBの価格は、理論上の価格から乖離することがあります。
例えば、1ETHの価格が$1000USD、500個のAの価値が$500USD、500個のBの価値が$500USDを仮定しましょう。市場が暴落した場合、投資家はヘッジ(hedge)する目的を達成するために、即座に流通市場からトークンAを購入します。この際、トークンAの供給は需要よりもはるかに少なく、市場におけるトークンAの価格は、理論価格である1ドルから乖離した1.5USDに達する可能性があります。この時点で、裁定取引者が現れ、彼は即座にETHをデポジットしてトークンAとトークンBを創造し、トークンAを流通市場に売って、裁定利益(この例では$0.5)を得ることができます。

【DUOの役割】

DUOは “燃料”です:
創造及び償還:ベートーべンが請求するトークンの変換手数料は、ほんの数パーセントです。ETHまたはDUOで手数料を支払うことができます。初期段階では、DUOでの支払いは、DUOの採用を促すために割引を受けることができます。ベートーべンによって収集されたすべてのDUOは、全発行済DUOの残りが50%になるまで焼かれます。
裁定取引:裁定取引に参加するには、裁定取引者はDUO通貨の一部をロックする必要があります。裁定取引者が合理的な裁定取引を行うよう奨励するために、裁定取引に参加する者はDUOコインを定期的に報酬として受け取ります。すなわち、裁定取引はマイニングです。
DUOトークンは、1億の固定供給量があります。取引活動が増え、DUOで支払われた手数料が焼かれるにつれて、DUOの価格は上昇すると予想されます 。

【チーム】

Jerry Li 創立者&CEO: Citi及びSS&Cにおいて地域定量分析チームを創設するとともに、10億ドル規模の複数のヘッジファンドに対し、バリュエーションポリシーに関する助言を行う。シンガポール国立大学(NUS)卒業(数理ファイナンスで最高成績を取得)

Yizhou CAO共同創立者&CTO
野村において外国為替自己勘定売買の実務を担い、クレディ·スイスにおいて債券部門のテクノロジーを担当。シンガポール国立大学(NUS)卒業(数理ファイナンス及び統計学で最高成績を取得)。

Guojie LIU IR
世界最大の資産運用会社であるBlackRockで勤務を経験。ケンブリッジ大学修士、シンガポール国立大学(NUS)卒業(土木工学最高成績を取得)。

Duo Networkプロジェクトは、4月18日にシード·ラウンド資金調達を完了しました。投資家には、Zhen Fund, LD Capital, Node Capital, HomeRun Capital, Bibox, などが含まれます。

DUO Networkエアドロップは現在進行中です! 参加するには、https://duo.network/bounty.htmlを参照してください。

Duoネットワークの詳細については、以下を参照してください。

DUO 公式ウェブサイト:https://duo.network

___________________________________________________________________
※本記事はFinbook社が提供したプレスリリースです。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 287 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。