韓国の済州島は特別ICOゾーンになる計画を提案

韓国の済州島では、本土の禁止が発効したにもかかわらず、自治区で初期コイン・オファリング(ICO)が許可されるブロックチェーン・特別ゾーンになる計画を提案しています。

月曜日の中央日報の報道によると、韓国中央政府がブロックチェーン産業の拠点となることを目指し、この島を「ブロックチェーンと暗号侵害の特別ゾーン」と指定することを正式に提案しました 。

先週、済州島の知事である(ウォン・ヒョリョン)総書記が金泳然(キム・ドンヨン)財務相、経済副首相、その他の政策立案者など、高官らと会談した際に計画を立てたなど注目を浴びています。

済州島は、韓半島沿岸の最大の島でもあり、韓国で最も人気のある休暇島です。 ソウルから400キロ南に少し離れた自治区では、国内観光客の大半が来場者となっています。

韓国の金融監督当局は、2017年9月に韓国の金融監督院が禁止措置を発動した後、韓国の新興企業が資金調達を模索する魅力的な場所になっていることを明らかにした。「革新を目指す起業家は、暗号侵害によって資金を調達することが許されるべきです。」とウォンはいいました。

さらに政府当局者は、新興企業である「新世界の産業」において、「韓国がブロックチェーンと暗号化企業が急速に消費者ではなくリーダーになる」という制約を犠牲にすることなく、企業が迅速に事業を展開できるようにする必要があると述べました。

「ブロックチェーンはコストを削減、安定した取引を提供し、インターネットプラットフォーム産業の生態系を変える可能性のあるゲームチェンジャーになる可能性を秘めている」と、会議中にウォン氏が政策当局に伝えました。

CCNが最近報じたように、ウォン氏はマルタのようなブロックチェーンハブになる意向を公に表明しており、提案者であるロジャー・ヴェロ氏から100ドルのビットコインを受け取ることになっています。

中央政府が暗号輸送に関する姿勢を緩和するかまだ分かっていないが、済州は観光とビジネスを奨励するための中心的な取り組みからすでに利益を得ています。

また地方政府は、「島にブロックチェーン産業を発展させることに専念する」ための部門を設立する過程にあり、ある関係者によると、「今月末までにはより具体化するだろう」と述べました。

一方、韓国の本土の議員は、暗号侵害の分野を規制する法律に対し躊躇しており、ICOを効果的に合法化するための現在の禁止を覆そうとしています。

Article From: https://www.ccn.com/jeju-island-aims-to-become-an-ico-friendly-blockchain-hub-inspite-of-south-korea-ban/
by: Samburaj Das
Translated by Ryoka Nakamura
Photo From: http://chaptertravel.com/things-to-do-on-jeju-island/

Disclaimer: This is a translated article. BBC does not take responsibility of the original contents.

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 287 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。