Gate.io研究所:ETCネットワークが51%攻撃を受けたことが判明、 攻撃者のETCアドレスまで突き止める

Gate.ioは、ETCネットワークが51%攻撃を受けており、また、この攻撃者のETCアドレスを突き止めていると発表した。 Gate.ioはこの攻撃で、合計7つのロールバックトランザクションを検出し、そのうちの4つ(54,200 ETC)は巧妙に計画されたものであると述べている。攻撃時間は1月7日の0:40 UTCから4:20 UTCまで続き、約4時間に及んだ。この期間中、攻撃者の計算能力は全ネットワーク計算能力の51%以上を占め、この間の取引は正常かつ効果的にETCネットワーク上で確認されていたという。攻撃後、攻撃者はまた有力な計算能力を使用しETCブロックチェーンをロールバックし、この間に確認された取引記録を無効にした。

Gate.io研究所は、ETCネットワークに対するこの攻撃の本質的な理由について、『ETCの市場価値が低下しており、ネットワークの計算能力が低下していた一方、攻撃者のアカウントは3か月以上前から登録され、実名認証までされていたため、攻撃後にすばやくキャッシュアウトできたからである』と述べている。

この攻撃によるETCの損失は約4万ETC(約2200万円)だった。


News from: gate.io

この記事をシェアする: