Nano開発者に対し2回目の集団訴訟、証券法違反の疑い

CCNの報道によると、ナノ開発者及びコア開発チームが2回目の集団訴訟に直面していることが分かった。1回目の集団訴訟から7ヶ月が経つが、この度1月5日、カリフォルニア州の連邦裁判所でナノ開発者とコア開発チームに対する2回目の集団訴訟が起こされた。今回の訴訟はナノの開発チームが証券取引法に違反し、投資者に対し詐欺を働いたとされる。ナノ開発チームはそのトークンの価値が50米ドルを超えると声明したが、現在のナノの価値は1米ドルに過ぎない。


News from:CCN

この記事をシェアする: