暗号化マイニングマルウェア数が、今年4000%以上増加

McAfeeの調査によると、暗号化マイニングマルウェアの数は、過去4四半期に4,467%も増加した。2017年と2016年には50万件未満だが、2018年の第3四半期には約400万件あった。サイバー犯罪者はモノのインターネット(IoT)デバイスを使用し、犯罪行為を行う傾向が増えているという。

 

 


Newsfrom: coindesk

この記事をシェアする: