英国政府とFCA,ビットコインをデジタル資産の分類に同意

Crypto Globeの報道によると、英国政府と英国の金融行為規制機構であるFCA(Financial Conduct Authority)が、9月の財務省特別委員会のデジタル資産報告書について見解を述べた。消費者保護と市場の完全性の重要性を強調し、不正行為を制限する規制機関の必要性を認められ、DLTの潜在的可能性も認識した。さらに、FCAはデジタル資産の分類に同意し、ビットコイン(およびその他の暗号化通貨)と通貨を明確に区別することを伝え、禁止された暗号化デリバティブの販売についての調査も承諾した。

 

 


Newsfrom: Crypto Globe

この記事をシェアする: