米国、暗号資産による損失は所得税の減免原因となる

CCNの報道により、米国の税制に従うことで、2018年度における暗号資産への投資が赤字となる場合、当年度及びその後の所得税を減免可能となることがわかった。アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)は暗号通貨を貨幣ではなく、商品の一種として見なしていることにより、株及び土地の取引と類似する暗号資産投資はIRSの8949号報告に適用される。欠損を出した暗号資産は最終的に売却された場合、その損失額は全ての商品投資活動に対するキャピタルイン税負担及び個人所得税(全額)の調整によって減少されることが不可能ではなく投資家はまた、これらの損失を翌会計年度に移転し、個人所得税と相殺することも可能であると伝えている。

 


News from:ccn

この記事をシェアする: