GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業で約355億円の特損

GMOインターネットは12月25日、「仮想通貨マイニング事業の再構築に伴う特別損失の計上に関するお知らせ 」を発表した。GMOは、「仮想通貨レートの下落や想定を上回るグローバルハッシュレートの上昇により想定通りのマイニングシェアが得られなかったこともあり、当社グループの自社マイニング事業の収益性は悪化していたという背景がある」と述べ、仮想通貨マイニング事業で約355億円の特別損失が出ると算出している。

 

 


News from: GMOINTERNET

この記事をシェアする: