宇都宮18歳少年ハッカー、仮想通貨の窃盗で起訴

Japan Todayの報道により、宇都宮市の18歳の少年が仮想通貨を不正に引き出したとして起訴されたことがわかった。容疑者は2018年8月14日から9月1日までに、約1500万円相当の仮想通貨を不正に引き出したとされ、この容疑を認めているという。今回のハッキングによって約7700人のユーザーが被害にあった。

 


News from:japantoday

この記事をシェアする: