フォーブス:2019年がエンタープライズブロックチェーンの年になる理由を発表

2019年2月22日、フォーブスは「2019年がエンタープライズブロックチェーンの年になる理由」という 記事を公開した。これによると、2018年には、約95%の企業がブロックチェーン技術プロジェクトに投資。翌2019年には、これらのパイロットプロジェクトは遂にテスト段階からエンドユーザー(末端消費者)に移行しつつあるという。これにより、多くのエンタープライズクラスのDLT技術(分散台帳技術)が現れることが考えられる。当該記事は2019年がエンタープライズブロックチェーンの年になることに対し、3つの理由を挙げている。それは以下の通りである。
1) 即使用が可能であるのソフトウェアがトップベンダーから入手可能になった。
例としては、Amazon,IBM,Oracle等のトップベンダーがエンタープライズクラスのDLT技術の開発に力を入れ、提供を行っている。エンタープライズクラスDLT技術の魅力は大規模な組織内部だけではなく、複数の企業の間でもこれまでにないコラボレーションを可能にすることである。
2) 相互運用性が大幅に向上される。
異なるタイプのブロックチェーンソリューション間の接続メカニズムの欠如は、大きな障害を招く恐れがある。しかし最近では、ハイテク企業は異なる元帳間の接続を確立するため、実行可能な新しい方法を提示している。
3) ブロックチェーンにおける全体的な理解の向上及びイメージの改善。
ブロックチェーン技術を、仮想通貨をサポートする抽象的な技術と見なしてきた意識は改善されつつある。これは、多くの場所でブロックチェーン技術が運用されたことで、顧客のブロックチェーンに対する認識が変化した結果である。

 

 


News from: forbes

この記事をシェアする: