仮想通貨詐欺が頻発-共通特徴

近年、ブロックチェーン技術に基づく仮想通貨はますます注目されています。しかし、個人投資から企業運営まで、幅広く活用されている仮想通貨に関する詐欺行為が身の回りに潜在しています。一般の投資家や企業は、専門的な知識を持たない限り、詐欺行為を見極めるのが容易ではありません。

2018年8月までにの詐欺事件の中には、共通する特徴として、どのような事があるのでしょうか。主に四つの特徴があります。一つ目は、ほとんどの詐欺は高収益です。投資家を集めるためによく使われる詐欺手段です。二つ目は本社は海外にあるとアピールします。特にアメリカなどの先進国に本社があるとアピールし、自社の技術は、どれほど素晴らしいものかと宣伝し投資家を惑わせるという事です。三つ目は、多くの取引はオンライン上で行われます。オンラインでの取引は便利である一方、相手の言うことをそのまま受け入れることや警戒心を低下させる可能性があります。最後の四つ目は、仮想通貨の景品です。詐欺師は投資家に対し無料の仮想通貨を「贈与する」ことを通して、投資家の信頼や個人情報を得てから、詐欺を始めることです。この4つの共通点はどれも投資家に対しとても有利な条件で、容易に魅力的だと感じられます。そんな中どのようにしてこれらの詐欺を防ぐでしょうか。まず、どんなに良い条件であっても、相手を安易に信用してはいけないということです。プロジェクトを立ち上げた会社の情報をできるだけ洗い出し、資格や投資リスクがどれぐらいあるのかを自ら確認する必要があります。また、相場の平均水準より多くの収益がもらえるプロジェクトには要注意です。最後に、自身の個人情報や金融機関の通帳情報などの管理を徹底することも大切です。

仮想通貨は社会のあり方を変え、社会に様々な便利やイノベーションをもたらすと同時に新しい問題や議題に面するでしょう。投資家にとって、激変な市場の中には、価値のあるものを見極めるのがが言うまでもないのは当たり前な事ですが,誘導性の情報に流されるのではなく、仮想通貨やブロックチェーンに関する基本的な知識を身につけた上で、冷静に判断するのが非常に重要なのではないでしょうか。

*本記事はBBCがまとめた詐欺特徴

参考事件:
http://m.sohu.com/a/244840947_115060
http://www.sohu.com/a/245465652_114774
http://bitejie.net/news/27573.html

Image Source: binarnyebrokery.ru

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 343 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。