ABCC取引所がマルタ本部を開設 本格的にヨーロッパ市場へ進出

世界初の取引手数料が無料となる暗号通貨取引所として、ABCCは開設よりわずか四ヵ月で、業界のトップクラスに入り、Conihillsで世界5位と高いランクと評され、世界一のETH / USDTの通貨ペア売上高に達しました。

今月ABCCは地中海の島国であるマルタに欧州本部を開設することを決定し、本格的にヨーロッパ市場に進出します。さらに、ABCCはマルタ第一回国家クラスブロックチェーンサミット――DELTAサミットのスポンサーになります。これはABCCとマルタ政府のパートナーシップがすでに築かれている証しとして見られます。

マルタは現在ブロックチェーン技術及び暗号通貨取引に最も友好的な態度を示す主権国家の一つです。去年の7月にマルタ政府はブロックチェーン技術の発展を国家戦略として取り組み始めました。そして、今月の頭にブロックチェーン技術への保護、仮装金融資産への監視と管理などの内容に関する三つの法案が議会の承認を経て法制化しました。これは世界暗号通貨取引のさらなる発展のために、良好な環境を構築したと同時に、世界範囲における暗号通貨取引への監視と管理に関する新たな経験及び参考モデルを提供しました。

これらは急速に成長し、世界進出を求めるABCCにとって、逃してはいけない大切なチャンスに違いないでしょう。マルタを拠点として、ABCCは発展するヨーロッパ暗号通貨取引市場の利益を得ることができる一方、ABCC取引所通貨ATをトークンとするエコシステムの構築に有利な環境を整えることができます。マルタの暗号通貨取引の監視と管理における公信力の向上に伴い、ABCCは必然的により多くの暗号通貨取引者に信頼を獲得できると思われます。そのため、ABCCは発展の「高速道路」で走り続けていると見られ、そのユーザー数は将来に爆発的に増加することが期待できます。

それと同時に、ABCCはマルタのブロックチェーン戦略に新たな発展原動力を注ぐと見られます。豊かな経験を持つ元シリコンバレー技術チームはマルタの科学技術産業を発展させ、優れたブロックチェーン人材を育成し、現地の就職を動かす見込みであります。

ABCCがマルタで本部を開設した際に、マルタの金融サービス・デジタル経済革新副大臣Silvio Schembriは「ABCCがマルタ政府に対する信頼及び我々に与える正確な見解に心より感謝申し上げます。我々はABCCとともに努力し、マルタを真の「ブロックチェーンの島」に築くという双方共通の願いを叶えられることを信じます。」と述べました。

ABCCとマルタ政府との協力は主権国家と暗号通貨取引所との間におけるウィンウィンな関係ともいえる。今年の10月3日から5日までマルタで開催されるDELTAサミットはその最新の協力舞台です。

ABCCのヨーロッパ本部はマルタ政府が主催するDELTAサミットの公式スポンサーとしてサミットに参加する予定です。DELTAサミットは世界ブロックチェーンエコのために、疎通と交流のプラットフォームを構築します。DELTAサミットを通じて、事業会社、投資者、取引所などを含む川上及び川下のブロックチェーン企業が共に業界動向を相談し合い、業界の健全な発展を促進することができます。

ABCCは暗号通貨取引所の新興勢力としてユーラシアで強まっていくに違いないでしょう。

出典: この記事はABCCから提供した記事です。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 343 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。