ABCC(シンガポール)、Chain X(韓国)がCONNECTOME(CNTM)を取り扱い

仮想通貨取引所であるABCC(シンガポール)とChain X(韓国)が6日、CONNECTOME(CNTM)の取り扱いを開始したことが分かった。CONNECTOMEは日本人チームによって開発されるバーチャルヒューマンエージェントであり、AI音声認識システムに焦点を当てている。このプロジェクトの主な構成メンバーとしては、元KDDI、元LINE、元IBM及び元Rakutenのメンバーが参画している。また、報道によると、NOVA Ecofundの投資機関が同プロジェクトへの投資を行ったとのこと。

NOVA Ecofund は Bitrise Capital、 Consensus Lab、 Chain Capital、QRC Group 及び CBE が共同出資するエコファンドである。

 


 

この記事をシェアする: