Æternityとは?-オフチェーンによるスマートコントラクトの実行を実現

分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーン技術は暗号通貨(仮想通貨)だけでなく様々な分野に応用が可能で、多くのプロジェクトが登場しています。こうしたプロジェクトの多くは従来の中央集権的な構造による問題点を解決することを目指しています。今回はその中からÆternity(エタニティ)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。

Æternityとは?-スマートコントラクトのオフチェーン処理

イーサリアムに代表されるようにスマートコントラクトへの注目度は高まっており、多くの分散型アプリケーション(Dapps)が登場しています。Æternityは、スマートコントラクトをブロックチェーンに記録せずに実行する「オフチェーン処理」を組み合わせることで、スマートコントラクトをより拡張性の高い状態で実現しようとするものです。また、スマートコントラクトに用いる高度なオラクル処理の提供も行っています。

 

Æternityの開発目的-スケーラビリティ問題への対策

従来の多くのプロジェクトにおいてはブロックチェーン上に全てのトランザクションを記録する「オンチェーン処理」が主流でした。しかし、ビットコインなどでは、トランザクション数が増大することで取引の遅延が生じる「スケーラビリティ問題」が課題となっています。これに対し、ブロックチェーンに記録されない形でトランザクションを実行し(チェーンの外=オフチェーン)、その結果のみをまとめて記録する「オフチェーン処理」という解決策が提案されています。

ビットコインのスケーラビリティ問題についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ビットコイン分裂の危機は、どうして生まれたのか?Bitcoin CoreとBitcoin Unlimited

ビットコインでの問題と同様に、全てのスマートコントラクトをオンチェーンで行うのは、非効率であるとともに拡張性に乏しく、国際規模での利用に耐えられない可能性があります。Æternityはこのスマートコントラクトにおけるスケーラビリティ問題の解決を目指すプロジェクトとして設計・開発されています。

 

Æternityの特徴

①スマートコントラクトのオフチェイン処理を行う「State Channel」

Æternityでは、「State Channel」という専用のチャネルを開設することで、オフチェーンでスマートコントラクトを実行することができます。Æternityプラットフォーム上でスマートコントラクト等の処理を実行する際には、ユーザーは暗号通貨「Æトークン」を支払う必要があります。そしてオフチェーンで実行された部分は省き、最初の状態とスマートコントラクトが実行された後の状態だけがブロックチェーン上に記録されます。仮にこのデータに齟齬が生じたり異議があった場合には、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行することで公平な形で記録を行うことができます。

②新たなコンセンサスアルゴリズム「Cuckoo Cycle」

Æternityのコンセンサスアルゴリズムは、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work、PoW)とプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake、PoS)のハイブリッド型です。従来のプルーフ・オブ・ワークではCPUを用いた膨大な計算をこなすため電力消費が大きくなってしまっていましたが、ÆternityではデバイスのCPUではなく、データの読み書きのスピードを担うメインメモリのDRAMを使用する「Cukoo Cycle」と呼ばれるアルゴリズムを採用しています。

②独自のオラクルシステム

ÆternityではÆトークン保有者が「オラクル」を立ち上げ、現実世界の情報をスマートコントラクトなどで扱うことができます。「オラクル」とは、ブロックチェーン外の情報を正しい形でブロックチェーン上に取り入れる仕組みのことです。

Æトークン保有者は、誰でもYes/Noで回答可能な質問を作成することで、オラクルを立ち上げることができます。例えば、「明日の天気は晴れか」などの質問です。

オラクルを立ち上げるとき、ユーザーは一定量のÆトークンをブロックチェーン上にデポジットします。そして質問の結果がわかると、オラクルを立ち上げたユーザーが回答を送信します。その後、他のÆトークン保有者による承認の時間が一定期間設けられます。例えば、実際は雨だったのに「晴れだった」とオラクルを立ち上げた人が送信している場合、他のÆトークン保有者は同額のÆトークンをデポジットすることで、そのオラクルの内容に異議を述べることができるのです。

一定期間内にオラクルへの異議がなかった場合は、立ち上げた人にデポジット金が返還され、オラクルは真実として受け入れられます。しかし、異議があった場合は、オラクルを検証するためにブロック生成に利用されているコンセンサス・アルゴリズムが利用されます。

 

Æternityの普及と今後の可能性

今後ブロックチェーンやスマートコントラクトが普及し、世界的な規模でトランザクションやスマートコントラクトの処理が行われるようになることを考えれば、スケーラビリティが問題となるのは時間の問題とも言えるでしょう。Æternityを用いることで、スマートコントラクトはオフチェーン処理として実行できるようになります。オフチェーン処理の実現により、スマートコントラクトの実行に制約を持たせることなく、拡張性に富んだプロジェクト開発が可能になるでしょう。

Æternityプラットフォームの具体的な活用可能性は、実に幅広い分野にわたります。例えば、クラウドファンディングに利用することで、プロジェクトが目標金額に達しなかった場合の返金にスマートコントラクトを用いたり、商品が手元に届かなかった場合の返金にオラクルを利用することができるようになり、効率的に資金調達を実施することができるようになるでしょう。

また独自のオラクルシステムを用いることで、Augarのような分散型予測市場を構築することも可能になります。「明日の天気は晴れか」というような何らかの予測をし、雨の場合のリスクヘッジとして掛け金を募るようなこともできるでしょう。

Æternityでは2017年5月21日から第二期ICOが行われるとともに、2017年第三四半期にかけて開発やテストネットの公開を行い、2018年第一四半期にメインネットがローンチされるとのことです。今後の開発チームからの続報に注目していきたいところです。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 188 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。