Agrello(アグレロ)とは?ー簡易化された法的契約をスマートコントラクトとして自動生成可能に

分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーン技術は暗号通貨(仮想通貨)だけでなく様々な分野に応用が可能で、多くのプロジェクトが登場しています。こうしたプロジェクトの多くは従来の中央集権的な構造による問題点を解決することを目指しています。今回はその中からAgrello(アグレロ)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。

 

Agrello(アグレロ)とは?ー法的契約に基づくスマートコントラクトのライブラリ

ブロックチェーンそしてスマートコントラクトは、契約においてかかっていた書類の削減や専門家の仕事を大幅に効率化する可能性を秘めています。しかし既存のスマートコントラクトは、イーサリアムのSolidityといったエンジニアのための特殊な言語を利用する必要があったり、ブロックチェーン上で契約当事者を結びつけることができないなど、一般的な法的拘束力のある契約を結ぶのには適していませんでした。

そこでAgrelloは、それらの問題を解決し、暗号化技術やまして法律に関する知識がなくても、法的契約をスマートコントラクトを用いて結ぶことを可能にします。

スマートコントラクトとDAppsについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
 →「ブロックチェーン技術の活用範囲を広げるスマートコントラクトとは」

 

Agrelloの特徴ー法的契約のためのスマートコントラクトを自動生成

Agrelloは、先ほど述べたような問題点を解決し、誰でもスマートコントラクトを用いた法的契約を行えるようにしました。具体的には、Agrelloの従来のWebサービスライクな画面から用意されたテンプレートを利用し、必要な項目を埋めていくことで、スマートコントラクトコードへと自動的に変換されます。その際には、Agrelloの用意したAIコンソーラーが、スマートコントラクトの作成・管理をサポートします。変換されたスマートコントラクトコードは、ブロックチェーンであるQtumに記述され、一般的なスマートコントラクトと同様に利用することが可能で、契約の締結には暗号通貨を支払います。さらに、スマートコントラクトの生成と同時に法的なドキュメントも作成します。

 

SaaSモデルでの提供。第三者が自由にテンプレート作成も可能に。

Agrelloは、スマートコントラクトの自動生成およびわかりやすいインターフェースでスマートコントラクトによる契約の締結をSaaSモデルとして提供します。そのため、外部アプリケーションがAgrelloの機能を組み込んで提供することも可能です。また、Agrelloの用意したテンプレートのほかに、第三者がテンプレートを作成することも可能です。作成されたテンプレートは、利用者が自由に利用することができます。契約の締結の際に支払われた暗号通貨が、テンプレート作成者に一部分配される仕組みとなっており、よいテンプレートを作成するインセンティブが働きます。法的な契約は国によって様々であるため、各国の専門家が自由にAgrelloを利用しテンプレートを作成できるようにすることで、利用者が増えていくことが予測されます。

 

Agrelloの普及と今後の可能性ーシェアリングエコノミーをはじめ個人間契約を効率化

スマートコントラクトを誰でも自由に利用できるようになれば、これまで専門家などが必要だった取引においても個人間で締結が容易になるでしょう。そうなることで、シェアリングエコノミーにおける個別の契約や賃貸契約、フリーランスとの業務委託契約などが効率良く、またブロックチェーン上に記録が残ることで証拠能力高く行うことができます。

今後、個人と個人が直接モノの売買やスキルの提供をしていくことが増加すると考えると、Agrelloのようなスマートコントラクトを用いた法的契約の自動化は、期待される分野と言えそうです。

Webサイト:https://www.agrello.org/
この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 253 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。