Akasha(アカシャ)とは?-改ざん・検閲を受けない自由な言論空間

 

 分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーン技術は暗号通貨(仮想通貨)だけでなく様々な分野に応用が可能で、多くのプロジェクトが登場しています。こうしたプロジェクトの多くは従来の中央集権的な構造による問題点を解決することを目指しています。今回はその中からアカシャ(Akasha)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。

アカシャとは?-表現の自由を追求したプロジェクト

 アカシャは、イーサリアムネットワーク上に構築された分散型ソーシャルメディアで、「表現の自由」を追求し生まれたプロジェクトです。”Akaha”とはサンスクリット語で「天空」を表します。現在は2016年3月に公開されたアルファ版の改良を行っており、2017年内のベータ版ローンチに向けた開発が進められています。

アカシャの特徴-改ざんや検閲を受けない言論空間

 アカシャは、基本的には既存のブログと同じくコンテンツの投稿や共有ができるソーシャルネットワークサービスです。アカシャでは既存のそれらのサービスと異なり、データは全て集中サーバー上ではなく、ブロックチェーン上で分散的に記録されます。コンテンツを集中管理する中央管理者を排したことで、サイバー攻撃やハッキングによる改ざんのリスクが軽減されます。また検閲などの形で第三者によってコンテンツをコントロールされることもありません。これにより改ざん・検閲を受けることのない、表現の自由や情報への自由なアクセスが確保された言論・表現の場を実現します。

アカシャのメリット-少額からコンテンツ販売が可能

 イーサリアムネットワーク上に構築されているという特徴を生かし、ユーザーは自分の投稿したコンテンツ毎にETH(イーサリアム)単位で販売することができます。またユーザーもいいね!などのリアクションの代わりにETHを投げ銭のように送金することができます。さらに、イーサリアムは送金手数料が安いため少額決済(マイクロペイメント)に用いやすく、少額からでもコンテンツの販売や購入が可能であるというメリットがあります。

 

アカシャの普及と今後の可能性-ブロックチェーン上のIDとなるか

 改ざんや検閲を受けることのない表現・言論プラットフォームとしてアカシャが普及していけば、イーサリアムネットワーク上でアカウントと本人の言論が結び付き、将来的にはブロックチェーン上におけるID(身分証明、アイデンティティ)の役割を果たす可能性を秘めていると言えるでしょう。今後もアカシャのローンチに向けた動きに注目です。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 187 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。