EOSとは?ーより優れたDAppsプラットフォームを目指す新たなブロックチェーン

2017年6月26日より、スケーラビリティ問題や取引コストの課題を乗り越える新たなブロックチェーンとして注目を集めている「EOS」のICOがスタートしました。この記事では、そのEOSの特徴について、詳しく見ていきたいと思います。

 

EOSの特徴について

EOSはGraphene上で開発されており、BitShares(ビットシェアズ)同様に高度な情報処理能力を有しているほか、Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクト機能を併せ持っています。また、Ethereumなどのブロックチェーンで顕在化しているユーザビリティ問題の解決策も目指しています。

人間にやさしいデータ記録方式

まずEOSの大きな特徴として、ブロックチェーン上にバイナリでない方法で記録ができることが挙げられます。バイナリとは、0と1で構成されたコンピュータ言語のことで、人間が一目見ただけで、その意味を解読することが困難な形式です。

Ethereumでは、記録がバイナリで行われるため、ブロックチェーン上の記録を参照することが難しく、使い勝手の面で問題がありました。これに対してEOSでは、ブロックチェーン上に人間が読める状態で作成したプログラムを直接アップロードすることが可能なため、ユーザビリティが大きく向上することが見込まれます。

コンセンサスアルゴリズムは、PoSを採用

Ethereumでは、PoW(Proof of Work、プルーフ・オブ・ワーク)を採用しているのに対し、EOSではPoS(Proof of Stake、プルーフ・オブ・ステーク)を採用しています。これにより、マイニングにかかるエネルギーコストが低く、コンセンサス形成にかかる時間も短縮でき、さらに一部マイナーへの権利集中リスクも低くなります。

プルーフ・オブ・ワークについては、こちらをご参照ください。
ブロックチェーンを支える技術「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」とは

スケーラビリティ問題を解決し、よる優れたDAppsプラットフォームを目指す

EOSはさらに、Ethereumのスケーラビリティ問題についても解決を試みています。非同期通信と並行処理を採用していることで、EOSは、Ethereumと比較して取引処理能力が大幅に拡大します。Ethereumは取引処理能力がボトルネックとなり、実際のビジネスユースに耐えうるかどうかが懸念されていましたが、EOSはこのボトルネックを解決した形になります。

また、EOSは集中型アプリケーションと同様な機能を持つ分散アプリケーションをサポートするよう設計されており,トランザクション毎に使用料を支払わなくていいという特徴を備えています。昨今Ethereumの人気に伴い、取引手数料が高騰し、スマートコントラクトのビジネス展開が難しくなることが懸念されていました。これに対し、EOSは手数料をゼロにすることで、誰でも気軽にスマートコントラクトが履行できる世界を目指しているようです。

 

EOSのICOスケジュールについて

EOSトークンの総量は、1,000,000,000EOSとなっており、Ethereumの基軸通貨であるEther(イーサ)と引き換えに入手できます。このうち全体の20%にあたる200,000,000EOSが、最初の5日間のプレセール(2017年6月30日まで)で販売されます。

プレセール後の7月1日以降では、全体の70%にあたる700,000,000EOSが、23時間毎に350回に分けて分配されます。(2017年7月1日から約335日間、1回あたり2,000,000EOSが分配)このように従来のICOの方法とは、大きく異なった形態となっています。

EOSの開発元であるBlock.One社によると、現在のICOは一部の人にトークンが集中しがちで、少数の人にのみオープンになっている実態について指摘しています。今回、EOSトークンでこのような新しい分配方法が採用されている背景として、EOSの根本的な設計思想が「真の意味で万人にとって開かれたプラットフォーム」を目指しており、トークンを通してより多くの人に開発を見守ってほしいとのアナウンスがありました。

BLOCKCHAIN CapitalのBrock Pierce氏は、EOSは今回のICOで150億円以上の調達に成功するだろうとの見方を発表しています。大規模な取引処理ができる、公平でオープンなスマートコントラクトのプラットフォームとして、EOSへの期待感は今後さらに高まっていくでしょう。

web site: http://eos.io/
White paper: https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/TechnicalWhitePaper.md
この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 190 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。