Digix(ディジックス)とは?−金の所有権をブロックチェーン上で管理

 分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーン技術は暗号通貨(仮想通貨)だけでなく様々な分野に応用が可能で、多くのプロジェクトが登場しています。こうしたプロジェクトの多くは従来の中央集権的な構造による問題点を解決することを目指しています。今回はその中からディジックス(Digix)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。

ディジックスとは?−ブロックチェーン上での金の所有権取引

 ディジックスは「金」をトークン化するイーサリアム上のプラットフォームです。ブロックチェーンを活用することでその特徴である取引の透明性や改ざんの困難性を現物資産である金にも適用できます。金を裏づけとして用いることで、ビットコインなどの暗号通貨に比べて安定したデジタル資産を実現しています。

 

従来の金取引モデル−部分準備制度によるリスクとは?

 銀行では銀行預金として預かった資金の一部をそのまま融資として貸し出すことで金利収入を得る、「部分準備制」というシステムを採用しているところがほとんどです。そのため銀行は全ての預金額を資金として保持しているわけではなく、預金者全員の預金引き出しに対応することはできません。リーマンショック時のように、金融危機などによって預金の払い戻し要求が殺到すると、銀行は経営破たんの危機に陥るのです。これは金取引においても同様であり、このように現物金を銀行に預けることには部分準備制度に起因するリスクが存在しました。

 一方で、現物金を自ら保管することには、盗難に備えてのセキュリティ面の問題や、所有権を証明することが難しいなどいくつかの問題があります。

 

ディジックスの特徴−現物金をデジタル化

 そこでディジックスは現物金をDGXトークン(ディジックス・ゴールド・トークン、Digix Gold Tokens)として発行しています。DGXトークンは同量の金によって裏付けられたイーサリアムトークンであり、1DGXはLBMA標準金1グラムの価値を持っており、すべてのDGXトークンは同量の現物金と交換することができます。

 これによって金の所有権移転に関する取引手数料を削減したほか、DGXトークンに対する現物金の完全な裏づけ、ネットワークを通じた自由な金取引を実現しています。価値の安定している金に裏付けることで暗号通貨の価値のボラティリティをなくし、長期的に安定した価値貯蔵が可能になったと言えるでしょう。

ディジックスのメリット−プルーフ・オブ・アセット

 ディジックスは資産の存在と所有権を証明するためのシステムとして、プルーフ・オブ・アセット(Proof of Asset、PoA)を採用しています。プルーフ・オブ・アセットでは、ロンドン貴金属市場協会(LBMA)から付与される分析証明書(Assay Certificates)や、大手監査機関のインスペクトレート・ビューロー・ヴェリタス(Inspectorate Bureau Veritas)による年4回の監査記録をブロックチェーン上に記録しています。これらを組み合わせたスマートコントラクトを通じて、信頼性の高い方法で現物金をDGXトークン化しているのです。

ディジックスのデメリット-現物金のセキュリティ管理

 現物資産を暗号通貨トークン化するプロジェクトにおいては、現物資産を管理するセキュリティが大きな問題となります。ディジックスにおいても同様であり、現物金の保管におけるセキュリティ管理が非常に重要です。その点、信頼性の高い外部機関による監査を受け入れることである程度のセキュリティを担保することはできますが、依然として盗難や地域情勢悪化などのリスクは免れないと言えるでしょう。

 

ディジックスの普及と今後の可能性

 ディジックスは価値の安定した金を用いたトークンエコノミーの実現を目指しています。これは金と各法定通貨の交換レートが固定されていた金本位制への回帰であると捉えることもできるでしょう。金の価値が将来的にも安定すると仮定すれば、DGXトークンを通じ安定した通貨価値、ひいては物価の安定をも実現できる可能性があります。一方で、現物金の管理に関するセキュリティには課題が残ります。監査機関の受け入れは一つのソリューションと言えるかもしれません。

 

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 219 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。