Rootstockとは?-サイドチェーンによりビットコインの機能を拡張

分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーン技術は暗号通貨(仮想通貨)だけでなく様々な分野に応用が可能で、多くのプロジェクトが登場しています。こうしたプロジェクトの多くは従来の中央集権的な構造による問題点を解決することを目指しています。今回はその中からRootstock(ルートストック)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。

 

Rootstockとは?-ビットコインブロックチェーンを用いながら様々な機能拡張を実現

Rootstockとはビットコインブロックチェーンの「サイドチェーン」の一つです。サイドチェーンとは、ビットコインブロックチェーンとは独立したブロックチェーンを用いることでビットコインブロックチェーンそのものの機能拡張を行うものです。イメージで言えばビットコインが大きな一つの木で、Rootstockはその木から生えた葉っぱに例えることができます。まさにRootstockのロゴがそれを表しています。

ビットコインは現在、「スケーラビリティ問題」と「承認の遅さ」という二つの大きな問題を抱えています。ビットコインはブロックに1MBまでしか記録することができないため、近年の取引量急増によって取引の遅延や手数料の高騰が生じています。またビットコインはシステムの関係上、送金完了までに約10分かかるため、これまで大きな課題として毎度挙げられ続けていました。Rootstockを用いることで、「スケーラビリティ問題」と「承認の遅さ」というビットコインの課題を解決することができるのです。

ビットコインのスケーラビリティ問題についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

「ビットコイン分裂の危機は、どうして生まれたのか?Bitcoin CoreとBitcoin Unlimited」

Rootstockのもう一つの大きな特徴は、ビットコインブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行することができる点です。スマートコントラクトとは「ある条件が満たされた場合に、決められた処理が自動的に実行される」ことで、ブロックチェーン上で任意のプログラムを実行できる機能を指します。

スマートコントラクトについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

「ブロックチェーン技術の活用範囲を広げるスマートコントラクトとは」

 

Rootstockのサイドチェーンはどのように機能するのか?

Rootstockの特徴①「双方向ペグ(two-way pegging、2WP)」

Rootstockは「双方向ペグ(two-way pegging、2WP)」という機能を備えています。双方向ペグとはビットコインブロックチェーンからサイドチェーンへの資産の移転を実行することです。正確には二つのブロックチェーンの間に一時的なトークン(RSKトークン)を生成し、承認を得ることでそのトークンが再びビットコインブロックチェーンに戻されます。

このとき交換レートを固定されており、ある量のビットコインの価値とある量のトークンの価値が等価となるように交換が実行されます。たとえば、1BTC=1RSKといった具合です。このようなプロセスを経て、メインのビットコインブロックチェーンとサイドチェーンとの間の資産価値の整合性を保っているのです。

Rootstockの特徴②「マージマイニング」

もうひとつの特徴として、二つのブロックチェーン上の価値を等価とするためにマージマイニングを行います。マージマイニングとは、メインのビットコインブロックチェーンとサイドチェーン(Rootstock)の双方に対して同時にマイニング作業を行うことです。

またRootstockでは「GHOST」や「DECOR+」または「Fast Block protocol」といったトランザクション処理システムを用いることで、より大きなスケーラビリティと処理スピードの向上を実現しています。具体的には、一秒間に約100回ものトランザクション処理が可能になり(イーサリアムの五倍)、送金処理などが秒単位で実行できるようになります。

 

Rootstockの将来性-サイドチェーンの革新的な発明

Rootstockは現在テストネットが提供されています。しかしながらRootstockのアイデアは革新的すぎるあまり、その実現可能性には疑問の声も上がっているのが現状です。仮に実現されれば将来的にも大いに活用が期待されますが、マージマイニングには莫大な費用がかかると言われているため、Rootstockのユーザーは非常に高額な手数料を支払う必要が出てくる可能性があります。またマージマイニングのリスク管理に問題があり、サイドチェーンはメインのチェーン(ビットコインブロックチェーン)に比べて耐攻撃性が低いと言われており、まだRootstockがクリアすべき課題は数多く残っていると言えるでしょう。Rootstockは果たしてサイドチェーンの実用化を実現することができるのでしょうか。今後のRootstockの動きに注目です。

 

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 187 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。