ジーキャッシュとは?-第二のビットコインとも言われる匿名性暗号通貨

 

 現在世界には数百種類を超える暗号通貨(仮想通貨)が発行されており、こうしたビットコインに続く暗号通貨のことをアルトコインと呼びます。今回はその中からジーキャッシュ(Zcash)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。

ジーキャッシュとは?

 ビットコインがインターネットにおける「http」だとしたら、ジーキャッシュは「https」に当たります。この機密性とは、送金などにおける匿名性のことです。第二のビットコインとも言われたことや、多くの著名なエンジニアや投資家が支援を表明していたことで、2016年10月28日の取引開始とともに1ZECが3299BTCをマークするなど、大きく注目を集めました

匿名性暗号通貨の特徴やメリット・デメリットについてはこちらの「匿名性暗号通貨とは?」にて分かりやすく解説していますので、合わせてお読み頂くとより理解を深めることができます。

 

ジーキャッシュの特徴-匿名性暗号通貨

ビットコインの場合は、ユーザーが送金や受け取りの際に利用するアドレス情報(パブリック・キー、公開鍵)とユーザーの個人情報が紐付いてしまうと、ユーザーの持っている暗号通貨の残高やいくら送金を行っているかが筒抜けになってしまいます。なぜならば、ビットコインブロックチェーン上のデータはブロックエクスプローラーを用いて、誰でも閲覧できてしまうためです。

 しかし、Zcashでは送金者のアドレスや送金額は、他のユーザーからは見れません。もちろん、ブロックチェーンの特徴である分散型のシステムを保ったままです。Zcashでは、「閲覧キー」を持っているユーザーしか、該当するトランザクションの内容を見ることができません。そのため、Zcashでは閲覧できるユーザーを自由にコントロールすることができるのです。

 

 

ジーキャッシュの普及と今後の可能性

ジーキャッシュはローンチとともに大きな高騰を見せましたが、2017年3月現在では1ZECあたり0.03BTC程度に落ち着いており、一種の投機であったと考えるべきでしょう。その原因としてはジーキャッシュそのものに対する期待に加え、プレセールが行われなかったことで市場が過剰な期待感を持ったということが挙げられるでしょう。

ジーキャッシュの大きな特徴はやはりその匿名性です。ジーキャッシュが送金者と金額を匿名化する仕組み自体は様々に応用が可能ですので、今後の発展に期待したいところです。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 187 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。