ADA創業者からの批判 EOSには重大な問題があり

ADAの創業者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏が10月18日のインタビューでEOSを痛烈に批判しました。EOSはシステム面、科学面そして倫理面で大きな問題を抱えていると述べ、野放しにされれば「業界存続に関わる脅威」と懸念しました。まずはシステム面においては、EOSは21個スーパーノードによって支配されます。そして科学面においてはEOSは、独立した証明プロセスを経ず、科学的な観点、開発者的な観点からはありえない主張をしています。最後、倫理面においてはBlock.OneのCTOダニエル・ラリマー(Daniel Larimer)氏が、今年1月にブログでADA独自のコンセンサスアルゴリズムであるウロボロスがEOSのDPoSのコピーだと発言しました。ADAの開発者がEOSからアイデアを盗んだという主張でした。これに対してホスキンソン氏は、事実無根だ反論し、証拠もなくADAの開発グループが盗人と名指しされたことに対して憤りをあらわにしました。


News from:https://www.bianews.com/news/flash?id=22618
Photo from:https://bitsonline.com/ethereum-classic-eth/
Disclaimer: This is a translated article. BBC does not take responsibility of the original contents.

この記事をシェアする: