フィッシング対策協議会:ハッキング被害を防止のため3FA認証導入を主張

ハッキング

フィッシング対策協議会

一般的にも周知の事実となっているが、最近では仮想通貨取引所を攻撃対象とするハッキング事件は多発する傾向にある。これに対して、フィッシング対策協議会(APWG)会長であるDave Jevans氏は、「既存の2FA認証から、さらに安全性の高い3FA認証に変える必要がある」と、被害への対策を主張した。

二要素認証(2 Factor Authentication)とは、二つ以上の種類の異なる要素を組み合わせて認証する方式であり現在使用しているシステムであるがそれにも関わらず、ハッキング事件が依然として相次いでいる。したがって同氏は、二要素の上に、さらにもう一つの要素を導入することが重要だと考え、セキュリティの強化を呼びかけている。

 


News from:BitcoinExchangeGuide

この記事をシェアする: