「青汁王子」が脱税を認め、一部を仮想通貨に

東京地検

5月10日、東京地裁の初公判で「メディアハーツ」社長の三崎優太被告は、約1.8億円を脱税したとされていることに対し、その起訴事実を認めた。その中で検査側は、三崎被告が脱税金額の一部を株や仮想通貨の購入に当てていたことを明らかにしている。三崎被告はテレビやインターネットの番組に「青汁王子」として出演していた。

 


 

この記事をシェアする: