日本銀行が、フィンテックおよびブロックチェーン技術の導入について言及

日本銀行執行役員 桑原繁弘氏は、銀行が主催する「フィンテックフォーラム」で、The DAOの失敗について言及し、「分散型元帳の枠組みを構築する際には、緊急時への対応における柔軟性」を構築することが重要だと主張しました。

一方で「銀行自身は将来、業務にフィンテック技術を適用する可能性を考慮して、継続的にフィンテックの調査と分析を行う必要性を認識している。」と同氏は述べました。

http://www.coindesk.com/bank-japan-official-dao-style-problems-dampen-dlt/

 

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 348 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。