BBCミートアップ第5回イベントレポート

626日(月)ブロックチェーンビジネス研究会(BBC)ミートアップ第5回が開催されました。今回のテーマは「ブロックチェーンの活用について既存業界の課題から読み解く~ブロックチェーン×AIIoT、リーガル~」です。今回も60名近くの方々にお越しいただき、ブロックチェーンへの関心の高まりを感じました。本記事ではこのイベントの様子をご紹介いたします。

今回のイベントでは、ブロックチェーンの活用について、AI、IoT、法律の分野から具体的にお話を頂きました。

まず初めに、アルタアップス株式会社の森川夢佑斗様から、ブロックチェーンの時事ニュースとして、主にビットコインのスケーラビリティ問題とSegwitの動向についてお話を頂きました。ビットコインを実際に保有している参加者の方も多く、ハードフォークというリスクに対しての関心は全体的に高かったようです。

次に、クーガー株式会社の石井敦様から、あらゆるデバイスにAIが搭載され、全てのネットワークレイヤーにもAIが搭載される時代において、ブロックチェーンをどのように活用できるのかという視点でお話を頂きました。AIが自動的に行う判断に大きく関わる、学習データや成長履歴を証明するものとしてブロックチェーンが重要な意義を持つというお話がありました。ブロックチェーン×AIの可能性を感じることのできた時間だったと思います。

続きまして、AZX総合法律事務所の林賢治弁護士に、スマートコントラクトを活用することの意義と課題について解説頂きました。耐改竄性や安定稼働といったスマートコントラクトの特長から、スマートコントラクトを導入しやすい契約について検討し、具体例もご紹介いただきました。将来の契約のあり方や、スマートコントラクトの活用可能性についてイメージを広げられる、興味深い内容でした。

最後に、ブレークスルーパートナーズ株式会社の赤羽雄二様からお話を頂きました。お話の中では、IoT適用に適した新しい暗号通貨IOTA(アイオータの紹介がありました。取引手数料や決済スピード、スケーラビリティ問題といった、従来のブロックチェーンをIoTに適用するうえでの課題を解決できるシステムとのことで、参加者の方の注目を集めると共に、質疑応答も活発に行われていました。

講演終了後には、前回までのミートアップと同じく、軽食を用意して懇親会の場を設けました。登壇者の方にもご参加頂き、質疑応答や情報交換の場として非常に充実した時間であったと思います。

7月にもBBCミートアップの開催を予定しております。今回参加された方も、残念ながらご参加できなかった方も、皆さま奮ってご参加ください!

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 249 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。