早稲田大学 グローバル科学知融合研究所:ブロックチェーン研究教育ラボを新設 ブロックチェーンの講義が今年4月よりスタート

ブロックチェーン研究教育ラボの新設

2019年4月、早稲田大学にグローバル科学知融合研究所:ブロックチェーン研究教育ラボの新設が決まった。

この研究所は、高度データ関連人材育成プログラム(通称:D-DATa)・WASEDA EDGE 人材育成プログラム・ブロックチェーンビジネス研究所(BBC)・QRC GROUPが協力及び共催のもと、高度なブロックチェーン人材の育成を目的として設立され、ブロックチェーンの基礎概論、技術、様々な業界への応用、世界の法規制などをケーススタディを用いながら、より実用的な知識を多方面から学ぶことの出来る講義を開講する予定だ。

今年の4月13日から始まる初級コースでは、アジア太平洋ブロックチェーン協会の名誉理事であるKatt Gu氏、マッキンゼーソウルオフィスの立ち上げメンバーにして現在ブロックチェーンビジネスハブ「BINARYSTAR」のアドバイザーである赤羽 雄二氏、企業法務を中心とする弁護士業の他に、自ら起業した株式会社やNPO法人を含む6法人の経営に携わっている井垣 孝之氏など、ブロックチェーン業界の著名人や関連法規制のプロフェッショナルが講師を務める。

さらに、当講座は銀座1丁目にある商業施設「キラリトギンザ」にあるブロックチェーンビジネスハブ「BINARYSTAR」にて講義を行う予定であり、学生のみならず一般(社会人)の参加も受け入れている。講義を通じて、高度なブロックチェーン人材の育成だけでなく学生と企業との交流の場としても期待がもたれている。

詳しく情報及び申込は、下記URLまで↓ ↓ ↓

Peatix

==============================================================================

【ブロックチェーン研究教育講座 初級コース】

◆スケジュール

第1回 2019年4月13日(土) 「ブロックチェーンの基礎:設計原則」
第2回 2019年5月11日(土) 「暗号通貨:開始から暗号ブームに至る」
第3回 2019年6月8日(土) 「実践中のブロックチェーン技術:ブロックチェーン業界のジャイアントとスタートアップ」
第4回 2019年7月13日(土) 「規制および法的影響:今後の課題とリスク」
各回とも2部構成となっています。

14:00 – 14:30 受付
14:45 – 16:20 第1部
16:20 – 16:35 休憩
16:35 – 18:00 第2部
18:00 – 19:30 懇親会  (有料入場券が必要)

◆主催:「グローバル科学知融合研究所:ブロックチェーン研究教育ラボ」(2019年4月設置申請中)
◆共催:QRCグループブロックチェーンビジネス研究会(Blockchain Business Community)BINARYSTAR
◆協力:WASEDA-EDGE人材育成プログラム高度データ関連人材育成(D-DATa)プログラム
◆会場:BINARYSTAR 中央区銀座1丁目8-19キラリトギンザ11F
◆定員:100名程度

◆参加費

学生・教職員:無料
一般(社会人):各回4,000円
*学生・教職員の方は、当日に学生証・教職員証を必ずご提示してください。ご提示いただけない方につきましては、有料券の購入をお願いたします。

◆懇親会参加費

学生・教職員・一般(社会人):各回1,000円
*4回講義参加+4回懇親会参加の申し込みをした一般の方の参加費は一括で18,000円となります。

◆参加申込

申し込みは上記PEATIXのURLから登録し、入場券を必ず入手して下さい。

◆参加締切(第2講)

2019年5月10日(水)18:00
※申込み多数となった場合、締切日時を待たず申込みを締切ります。

 

◆講師・プログラムの説明

【第1講 オープニングスピーカー】

朝日透 Toru Asahi – WASEDA-EDGE 人材育成プログラム事務局長 / 高度データ関連人材育成プログラム 実施責任者 / 早稲田大学理工学術院 先進理工学部 生命医科学科 教授

1986年早稲田大学理工学部応用物理学科卒。1988年同大理工学研究科物理学及応用物理学専攻 修士課程修了。1991年同大学同研究科同専攻博士後期課程満期退学。1992年博士(理学)。2007年経営学修士(専門職)。早稲田大学理工学部助手、助教授を経て2007年4月より現職。

 

【第1講 講師】

高橋 光 Hikaru Takahashi – クーガー CTO

楽天にて、大規模ユーザーを対象としたメールシステム、 コミュニティシステムのコアの設計および開発を担当。 デイリーで億単位のアクセスを処理するバックエンドシステムの開 発を得意分野とする。韓国NHNやスクウェア・ エニックスの大規模オンラインゲームの開発にも多数関与。 KDDIと連携したブロックチェーン開発など、現在、 ブロックチェーンをベースとした大規模システムの開発を進行して いる。

浅野始 Hajime Asano – Blockchain EXE

設備メーカにて自動車検査装置の開発、設計、導入を担当した。 後に自動車部品メーカに移り、保全管理システムのデジタル化、 故障予知システム開発を実施し、 生産設備の稼働率向上に貢献した。
2017年、 ブロックチェーンが組織や社会に与える影響の大きさに驚き、 ブロックチェーンTechコミュニティであるBlockchai n EXEに参画。ミートアップ等の企画、運営をやりながら、 自社の事業開発企画を行っている。
横浜国立大学工学部修了。

 

第2講 講師

Katt Gu – Enlighten Law Group アドバイザー・アジア太平洋ブロックチェーン協会 名誉理事

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にて法学博士を取得、同校情報科学(全米1位)博士課程に在学中、先端技術に関する規制や企業法を研究。
2016年、ビットコインのコア開発を行っているBlockstream社に中華圏PRとして参画。2017年にカリフォルニア州でChainroc Consulting社を共同創立し、ブロックチェーンスタートアップ向けにコンサルティングサービスを提供。
2018年から、Strategic Coinのリサーチャー・アドバイスに就任し、台湾政府・マルタの政府などのクライアントを担当、台湾ブロックチェーン規制の立法公聴会にも登壇。そのほか、アジア太平洋ブロックチェーン協会の名誉理事やDimension Chainの法律顧問にも就任している。

 

John Wu – ARPA Blockchain Tech Lead

東大理学博士。2016年のビットコインホワイトペーパーの勉強をきっかけに、暗号通貨とブロックチェーン技術に惚れ、ブロックチェーンプログラミングをはじめた。Wanxiang Blockchain Labsでの滞在後、彼はシンガポールを拠点としたブロックチェーンファイナンスプラットフォームであるLOTSにてBlockchain Tech Leadを担当。現在ARPAのBlockchain Tech Leadとして、ブロックチェーンでのプライバシーコンピュテーションレイヤの構築を取り込んている。

 


 

この記事をシェアする: