Binance Research:個人投資家が仮想通貨市場を主導

今年4月に発表されたBinance Researchにおいて、「各種の暗号資産間の相関性が高い結果を促したのは、機関投資家ではなく個人投資家だった」と指摘された。報告によると、機関投資家が占める割合は全体のわずか7%であったことが明らかになり、ある意味で個人投資家が仮想通貨市場の主導性を握っているとされている。また、Cryptofundresearch.comの資料により、仮に全ての仮想通貨を扱っている基金がビットコインを保有したとしても、これはビットコインの総額の14%にしかならないと推定でき、さらにAltcoinを前述の仮説に準えると、機構投資家の割合は現在の7%を下回る可能性が高いと報告されている。

 


News from:Binance Research

この記事をシェアする: