ビットバンク、未成年者へのサービス停止へ

Coinpostの報道によると、日本国内の大手仮想通貨取引所ビットバンクは、2019年4月1日より20歳未満の利用者に対するサービスを停止、満20歳になってから再び同取引所で申請可能であることを公表した。2018年の日本金融庁研究会では、外国為替証拠金と同様に、未成年者に対する同意書や各取引所で設定される年齢制限は若年層への保護強化になると強調したという。


News from:Coinpost

この記事をシェアする: