ドバイで初設置のビットコインATMが2日間で撤去

INVESTINBLOCKCHAINの報道により、ドバイで設置されたビットコインATMが設置後たった2日で撤去されたことが明らかになった。これは、KYCや身分確認などのプロセスが設けられていなかったため、利用者がビットコインを受け取るアドレスと現金だけで取引を始められてしまう点が規則違反であるということが撤去の原因だとされているという。ビットコインATMを運営するAmhoraはインタビューで、「現在、地元の政府当局との事実確認を進めている。AML / KYCを実行してから、ビットコインATMのサービスを回復する方針」と説明しているという。

 


Newsfrom:INVESTINBLOCKCHAIN

この記事をシェアする: