マリファナ市場から新たな決済手段として期待されるビットコイン

現在アメリカでは、医療としてマリファナの使用を認めている州が28州あり、そのうち8州はタバコと同じように購入し使用することを合法化しています。

その一方で、マリファナの売買やそれに類する商品に対して、全て現金で取引しなくてはならないという法律があります。それによりマリファナを取り扱っている薬局や診療所は、大量の現金を保有することとなるため、犯罪の格好のターゲットとなってしまっているという問題があります。

この急成長しているマリファナ市場では、より安全に取引を行う方法としてビットコインに注目が集まっています。

記事元:http://ireadculture.com/new-bill-targets-bitcoin-currency-cannabis/

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 352 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。