オハイオ州はビットコインによる納税を許可しない

barronsによると、企業はオハイオ州でビットコインを用いた納税ができないという。企業は納税する際にオハイオ州のウェブサイトにいき税金の金額を入力しドルを計算して、ビットコインをBItPayに売却し、ドルを当州に振り込む必要がある。OhioCrpyto.comによると、「財務主管事務所は仮想通貨を保有してはならず、第三者が仮想通貨を国家の口座に預かる前にドルに変換する」と紹介している。

 


Newsfrom: BiShiJie
Photofrom: barrons

この記事をシェアする: