海外からの募金に対して、ブロックチェーン技術の導入を検討

DNotes Global Inc.の最高経営責任者(CEO)であるAlan Yong氏は国内外での寄付に対してブロックチェーン技術の導入を検討していると発表しました。

寄付をするために、ブロックチェーンをベースにした通貨を使用することで、どこの国からでも寄付をすることが可能になり、またその寄付がどこから来たものなのか、何に使われたのかといった監視効率を向上することが可能であるとしています。

Blockchain: Defender of Foreign Aid – Fighter of Famine and Government Corruption

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 343 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。