BTC変動率が2017年4月以来の最低値に、急騰の兆しか

CoinDeskによると、2019年3月初旬よりBitcoinの24時間平均取引ボラティリティは85ドルとなっており、32ドルであった2017年4月以来の最低値を示したことがわかった。分析によると、Bitcoinの1日の日均の変動率は価格の下落よりはるかに速いと説明されている。ただし、低ボラティリティのフェーズ後は大きな変動が見られることがあり、2017年4月の最低値記録後の5月には、Bitcoinの1日の平均ボラティリティは65%上昇し153ドルとなり、前月の約5倍になっている。

 


NewsfromCoinDesk

この記事をシェアする: