38%の中央銀行が法定デジタル通貨の概念を受け入れ

10月25日、The Next Webの報道により、IBMと公的通過金融機関フォーラム(OMFIF: Official Monetary and Financial Institutions Forum)が法定通貨の代わりに中央銀行デジタル通貨(CBDC)を使用する有効性に関する共同調査を実施したことがわかりました。当レポートは、より正確に各国の中央銀行のCBDCに対する態度を明らかにするため、中央銀行21行を対象として調査を実施しました。調査によれば、各国の中央銀行はCBDCに対して見解の違いはあるものの、約38%の中央銀行がデジタル通貨の概念を受け入れつつあり、回答者の76%が分散台帳技術(DLT)の有効性に対する不信感を抱えていますが、多数の回答者は中央銀行が法定のデジタル通貨(CBDC)を発行すべきと考えています。


News from:thenextweb
Photo from:thenextweb

この記事をシェアする: