中国初、司法ブロックチェーンプラットフォームが導入

9月18日、中国初のインターネット裁判所・杭州インターネット裁判所が司法ブロックチェーンプラットフォームを導入しました。これは中国初のブロックチェーン技術を用い、証拠の審査を行う裁判所であります。

当ブロックチェーンプラットフォームは中国最高裁判所及び浙江省高級人民裁判所の支持を得り、アント(antブロックチェーン技術グループによる技術サポートで、共道(ゴン ドオ)インターネット科学技術株式社に開発されたブロックチェーンシステムであります。

また、アント・フィナンシャル(Ant Financial)、新華社、杭州日報及びYOUKU(ヨウク)等大手企業も業界を率先し、このシステムを導入しました。

杭州インターネット裁判所の常務である副裁判長の王 江橋(オウ ジャンジョウ)によると、E証拠の収集には生成、保存、トランスミッション、提出という四つの部分があり、その中で最も重要な部分である証拠の生成に関しでは、ブロックチェーンプラットフォームに頼ることでE証拠の真実性が確保されます。

「司法ブロックチェーンプラットフォームシステムは時間、場所、人物、事件発生前、事件中、事件後、六つの角度から、証拠生成の認証問題を解決し、データ流通全過程の記録、全プラットフォームの信頼性及び全ノードにおける検証可能性を実現できると、副裁判長の王 江橋さんが述べていました。

ネットサイトへの侵害を例として、当事者は司法ブロックチェーンシステムに入力し、身元を認証すれば、即にブロックチェーンデータ記録モードを利用できます。当事者がサーチエンジンで権利侵害なるサイトを検索し、サイトへの訪問、権利侵害にあたる作品をダウンロードする全過程はハッシュ関数の形式で記録されます。その後、当システムは自動的にこの記録をアップロードし、杭州インターネット裁判所のデータベースに存在するハッシュ関数と比較します。両者のハッシュ関数を比較し、一致性を判断することで権利侵害を証明できる証拠チェーンが繋がれ、E証拠の真実性を保証することが可能になります。

出所:

1)杭州インターネット裁判所が正式的にブロックチェーンプラットフォームを導入:http://www.sohu.com/a/254633256_485557

2)司法ブロックチェンプラットフォーム開発会社:共道インターネット科学技術株式会社ホームページ:http://www.gongdao.com/#solve

3)司法プロセスの効率化を目指す、共道が浙江省高級人民裁判所と共にブロックチェーン裁判所を構築:https://m.toutiao.com/i6515739691105387015/

Translated by Hengcheng Lin

Photo from: http://www.sohu.com/a/254633256_485557

Disclaimer: This is a translated article. BBC does not take responsibility of the original contents.

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 345 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。