中国の「独身の日」、ブロックチェーン技術を用いて1.5億点の商品のトレースを管理

昨日、11月11日は、中国で「独身の日」と呼ばれており、アリババによるセールイベント時の取引額が300億ドル(約3兆4000億円)を突破し過去最高を記録したと明らかにした。昨年度の取引額はおよそ2兆7000億円だったが、今年度は27%の増加を達成した。中国のアリババグループの金融関連会社であるアント・フィナンシャルは「独身の日」に、ブロックチェーン技術を利用し、国境を越えた輸入出商品のトレース管理により、約1.5億点の商品をカバーしたことを明らかにした。

 


PhotofromAntfin

この記事をシェアする: