コインベース、サークル社がUSDCの導入、比率1:1で米ドルに換金

米仮想通貨取引所最大手コインベース(Coinbase)は、今月23日取引プラットフォームにコインベースとサークル(Circle)社が共同開発した基盤技術を使用したステーブルコイン(法定通貨を裏付け資産とした仮想通貨)USDCの導入を発表しました。

これにより、コインベースのサポート管轄下にある顧客はcoinbase.comおよびiOS/Androidの取引専用アプリを媒体にして、ニューヨークを除く全米ユーザーのUSDC売買、そして世界中のユーザーの送金と受取が可能になります。

コインベースによると、USDCはすでにコインベースウォレットに対応し、数週間の内にコインベースプロに導入され、将来的にはより広範囲で利用可能になる予定です。また、USDCコインは米ドルを担保として100%保証され、積立金の情報の公開は監査対象として義務付けられるとされています。コインベース代表取締役兼COOを務めるAsiff Hirjiは「コインベースはステーブルコインを米ドルに1:1の比率で換金される透明かつ信頼のおける通貨として発行する。このステップは仮想通貨業界における革新的躍進への第一歩といえるだろう」と述べました。


News from : Cointelegraph 
Photo from : USDC
Disclaimer: This is a translated article. We do not make any warranties about the completeness, reliability and accuracy of this information. Any action you take upon the information on this website is strictly at your own risk, and BBC will not be liable for any loss and damages in connection with the use of this information.

この記事をシェアする: