参議院議員が仮想通貨税制改革会議で仮想通貨の減税を要求

Coinpostによると、参議院議員の藤巻健史氏は「仮想通貨税制を変える会」を発足し、税制改正について、以下の4点について提案。①、最高税率55%の総合課税から20%の分離課税へ変更にする。②、損失の繰越控除を可能にする③、仮想通貨間の売買を非課税にする。④、少額決済を非課税にする。
また、国民の声を国会に届けたり、署名を集めるための「サポーター」を募っている。

 


Newsfrom: BiShiJie
Photofrom: coinpost

この記事をシェアする: