テザーとリップルの共通性-カウンターパーティリスクとは?

 「テザー」とは法定通貨に1対1でペッグされた暗号通貨です。テザーの取引を通じていわば、法定通貨をブロックチェーン上で取引することができます。一方「リップル(Ripple)」はグローバルな価値移動のための分散型台帳ネットワークです。今回の記事ではテザーとリップルに共通する構造について解説しつつ、その違いとリスクについて解説していきます。

 テザーについてはこちらの記事で、リップルについてはこちらの記事でそれぞれ詳しく解説しています。

 

テザーとは?-法定通貨により裏付けられた暗号通貨

 「テザー」とは法定通貨に1対1でペッグされた暗号通貨です。発行されるテザーはUSドル、ユーロ、日本円といった法定通貨それぞれに対応しており、たとえば1USDTは常に1USドルで取引されます。このように法定通貨の価値を持ちながら、暗号通貨として安全に価値を保存でき、また少額の取引手数料で送金が可能です。ブロックチェーンの利点と機能性を活用しつつ、一方で法定通貨の価値の裏付けによってビットコイン以上に安定した通貨価値を実現しています

 またテザーが保有する法定通貨と同額のテザーを発行するプロセスは「Proof of Reserves(プルーフ・オブ・リザーブ)」というシステムによって担保されています。ユーザーが法定通貨をTether Limitedに預けるタイミングで、Tether Limitedは同額のテザーを発行しています。このように、Tether Limitedに入金された法定通貨は発行されたテザーと常に同額で維持されます

 テザーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

リップルとは?−IOU(デジタル借用証書)を用いた送金ネットワーク

 テザーに似たプロトコルとしては「リップル(Ripple)」があります。リップルはシリコンバレーのRipple Labs, Inc.によって開発・運営されている、グローバルな価値移動のための分散型台帳ネットワークです。

 リップルネットワークではユーザーの他に「ゲートウェイ」という主体が存在します。ゲートウェイはリップルネットワークにおいて銀行に近い役割を担っており、ユーザーから法定通貨や暗号通貨などの資産を預かるとそれに対応するIOU(I owe you)と呼ばれるデジタル借用証書を発行します。ユーザーはIOUネットワーク上で取引することで資産の所有権を移転することができ、ゲートウェイでそのIOUに対応した資金を受け取ることができます

 リップルについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

テザーとリップルの共通構造-中央集権型が残存

 ここでテザーをリップルネットワークで置き換えて考えると、流通するUSD TetherやEUR TetherはUSDやEURへの交換保証する借用証書(IOU)と言えます。そして法定通貨を預かって一種のIOUであるテザーを発行するゲートウェイの役割を持つのはTether Limitedです。Tether Limitedが銀行口座に法定通貨を保有することが、ユーザーがテザーをいつでも同額の法定通貨と交換できるという保証になり、テザーの価値の担保として法定通貨へのペッグが保たれています。

 

共通のカウンターパーティリスク

 このようにリップルとテザーの間にはIOU・ゲートウェイという共通の構造が見られますが、この構造にはあるリスクが潜んでいます。

 リップルではゲートウェイがIOUの交換を保証する存在ですが、ゲートウェイが十分に信頼できるかどうかはリップルネットワークに対する信頼性とは別問題です。リップルネットワークに記録されるのはIOU取引の記録のみであり、ネットワークがIOUそのものの交換を保証するものではないため、IOUを取引する場合はゲートウェイの安全性を確認する必要があるのです。リップルではゲートウェイに円を預けてIOUを得たとしても、そのIOUの交換を保証するはずのゲートウェイが倒産するカウンターパーティリスクが常につきまといます。

 テザーにおいても同様です。Tether Limitedがゲートウェイとして単体で法定通貨とテザーの交換を担保する存在である以上、テザーの倒産やテザーの口座のある銀行の倒産などのカウンターパーティリスクが伴うのです。

 

避けられない中央管理者の存在

 このように、リップルは国際送金手段として、テザーは法定通貨のデジタル化手段として開発されたものの、法定通貨という現物資産と暗号通貨というデジタルデータを物理的に交換することが出来ない以上、両者とも必然的に中央集権機関の介在を必要としていますこれは円とビットコインを交換する中央集権的な取引所が必要であるのと同様です。

 テザーとリップルともに、法定通貨の円滑な利用を目指し開発されたプロトコルであり、法定通貨の利用を前提としています。テザーを通じ法定通貨がブロックチェーン上でやり取り可能になり、リップルによって国際送金がより手軽になっても、中央銀行の管理によって価値を安定させた法定通貨と、自由でありつつも価値の不安定な暗号通貨か、という対立軸は変わることはないでしょう。

 

関連記事

Tether(テザー)とは?−法定通貨をデジタル化

Ripple(リップル)とは?-新たな国際送金システムを目指す暗号通貨

 

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 187 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。