エストニア、仮想通貨交換業者にライセンスを付与する新たな法案を承認

エストニアのイメージ

仮想通貨交換業者にライセンスを付与する新たな法案を承認

ストニア共和国の財務省が5月上旬に公開した情報により、エストニア政府が、仮想通貨取引やウォレットといった仮想通貨交換業者にライセンスを付与することに関する複数の項目を修正し、新たな法案を承認したことが明らかになった。修正点は以下の通りとなっている。

①取締役会の構成メンバーに対する審査(適格性)を強化、②会社、取締役会及び経営の登録場所はエストニア国内と規定、③ライセンスの申請費用を345€から3300€まで増加、④審査期間を1ヶ月から3ヶ月に延長。この新たな法案に対して、財務大臣のMartin Helme氏は、「一連の措置は、仮想通貨市場を制限するものではなく、マネーロンダリング対策などの目的で設けている」と強調した。

 


News from:Rahandusministeerium

この記事をシェアする: