ETCが再びイーサリアムにトークン化

Trustnodeの報道により、2016年にETH(イーサリアム)から分裂したETC(イーサリアムクラシック)が再びETH(イーサリアム)に復帰し、トークン化されることがわかった。ETC(イーサリアムクラシック)が「今のETCは平穏の為の懸け橋としての最終段階にあり、まもなくTETCという独自のトークンとしてイーサリアムに発行される」と公式ツイッターで公表した。これにより、管理人がETCに属するチェーンにスマート・コントラクトを作り、コントラクにETCをロックすれば、その後、TETCをプリントアウトするだけでETHのブロックチェーンに、TETCマイニングスマート契約が作成されるという。ETCで何が起きているのかをethと相互理解するために、いくつかの複雑な暗号経済学を備えた証明機関(PoA)ネットワークが採用されている。

 

 


News from:trustnodes

この記事をシェアする: