仮想通貨チャート分析(2月15日):ETH(イーサリアム)・BTC(ビットコイン)・EOS(イオス)・XRP(リップル)・LTC(ライトコイン)

BBCの価格分析

ETH(イーサリアム)

(出典:Steven)

イーサリアム(ETH)は、比較的安定した推移を継続している仮想通貨の一つであり、今回、127ドルを上回れば、135ドルあたりへ上昇する可能性がある。一方、119ドルを下回れば、110ドルまで下がることが予測される。

 

BTC(ビットコイン)

(出典:Steven)

ビットコイン(BTC)は、強気市場を示しつつあり、3600ドルを突破できれば、高騰する傾向が見えるだろう。短期間のうちに、3680ドルを目標とし、今月中に3880ドルを目指せる。

 

EOS

(出典:Steven)

イオス(EOS)は、短期間トレンド線のように、 頭と肩の形で構成されている。取引量が拡大するとともに2.755ドル以下に下がれば、直近の上昇傾向が終了する。仮に3.00ドルを突破できれば、3.30ドルまで上昇する傾向が見える。

 

XRP(リップル)

(出典:Steven)

リップル(XRP)は、激しい変動がなく、三角保ち合い(真横型)を示しているため、取引に参与することには慎重な判断を行うべき。仮に0.31ドルを上回れば、購入を検討するべき。

LTC(ライトコイン)

(出典:Steven)

ライトコイン(LTC)は、強気市場を呈している。42.50ドルを突破できれば、より高騰する可能性が高まる。それに対して、40.18ドルは変動の境界線であり、もし40ドル以下に下落すると、上昇する情勢が中断されており、相場の下がりを迎えることが見えるだろう。

 


・以上のデータ及び分析は、Stevenの提供で掲載します。無断転載は禁止、事前にBBCにご連絡ください。
・本サイトに掲載された情報によりなされた判断による一切の行為で発生したいかなるトラブル・損失・損害に対して、BBCは責任を負いかねます。

この記事をシェアする: