イーサリアム関係者がアーカイブノードの単独管理の疑惑を否定

thenextwebの報道により、ブロックチェーン基礎構造納入業者であるBlockCypherが先日、同社が「Ethereumにおける取引の全履歴」を保持する唯一の組織である可能性があり、重大な問題になると公表したことがわかった。それに対し、イーサリアム関係者はアーカイブノードが全体のセキュリティには影響しないと述べ、また、Infuraの共同創設者E.G. Galanoはアーカイブノードは特定の状況下のみで必要であり、それ以外に保存する必要がないと語った。イーサリアム基金会を率いるMartin Holst Swende氏は、アーカイブノードを保持しているのはBlockCypherだけではなく、イーサリアム基金会も複数保持していると述べた。

 

 


News from:thenextweb

この記事をシェアする: