イーサリアムのByzantiumハードフォークが完了

2017年10月16日05:22 UTC(協定世界時)、Ethereum(イーサリアム)のアップデートが、公式に完了しました。イーサリアムネットワークにとって、通算で5度目のハードフォークとなります。

Constantinopleハードフォークは2018年中に実行か

2015年に発表されたイーサリアムプロジェクトの開発ロードマップで名付けられていた通り、Frontier、Homesteadバージョンに続く3番目のバージョンであるMetropolisバージョンへのアップデートが完了しました。Metropolisバージョンは、最小限の変更に留まるマイナーアップデートであるByzantiumハードフォークとさらなる変更が加えられるConstantinopleハードフォークの2段階のアップデートを予定しており、今回はByzantiumハードフォークが実行された形となります。なお、Constantinopleハードフォークの実行日時については未だ詳細な発表はなされていませんが、2018年中に行われるものとみられています。今回、Byzantiumハードフォーク実行直前にプログラムにバグが発見されたものの、イーサリアムコミュニティのエンジニアたちにより、無事にバグを回避することができた、とのことです。

イーサリアムMetropolisバージョンの詳細や変更点はこちら

http://businessblockchain.org/ethereum_metropolis_update

利便性が増していくスマートコントラクト

近年のICOにERC-20トークンが用いられるようになってから注目度が急上昇していたイーサリアムですが、今後スマートコントラクトの利用場面において、さらに利便性が向上していくものと思われます。引き続きイーサリアムの動向に注目です。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 249 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。