欧州委員会が賞金500万ユーロのブロックチェーン開発コンテストを開催

 

分散型台帳技術を用いて社会課題を解決せよ

2017年11月、EUは”Blockchains for Social Good”(社会貢献のためのブロックチェーン)と題したブロックチェーンの開発コンテストを開催することを発表しました。このコンテストでは、社会課題の解決に向けた、透明性と分散性の高いソリューションのエントリーを受け付けています。

 

コンテスト詳細ページはこちら

https://ec.europa.eu/research/eic/index.cfm?pg=prizes_blockchains

コンテストのWebページには、選考基準として①ソリューションに社会的インパクトがあること、②透明性と分散性を兼ね備えていること、③実用的であること、④スケーラビリティがあることなどが挙げられています。欧州委員会は、特に実用的なDLT(Distributed Ledger Technology、分散型台帳技術)を用いたアプリケーションの開発を望んでいるそうです。

委員会メンバーのひとりは「ブロックチェーンの持つポテンシャル(中央集権構造・中間構造を回避する力)を、地球規模の持続可能にする挑戦に対して十分に用いられていない」と述べています。

持続可能な発展を目指して

ブロックチェーンを用いて透明性の向上をはかることは、欧州委員会の長年に渡る課題でした。2017年8月、欧州委員会副総裁のValdis Dombrovskis氏は、委員会はデータ会社の情報を国家データベースと共有できるようにする目的で、Financial Transparency Gateway(経済活動の透明性向上のためのゲートウェイ)を構築することを宣言していました。

法人格を持っていれば、個人・法人問わず、EU内外のどこからであっても、コンテストに応募することができるそうです。エントリーの締め切りは2019年中旬頃を予定しており、2020年初頭に優勝者の発表が行われるそうです。

コンテストには、今までブロックチェーン技術の支援に当てられた金額の累計総額が支給されるとのことで、EUがHorizon2020フレームワークの実現に向けてスタートアップ6社に対して既に投資された500万ユーロ相当の金額が、リストアップされているようです。ヨーロッパではブロックチェーンビジネスへの支援が積極的に進められており、今後もその動向に注目です。

Horizon2020に関する記事はこちら

EUによるブロックチェーン企業への投資額が累計500万ユーロを突破
この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 249 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。