【イベント情報】【Game 3.0×Blockchain 3.0】Dapps Game領域とToken流通における法的問題点

申込はこちら

◆BINARYSTAR月例セミナー

「大企業のブロックチェーン実装」をテーマに、毎月開催しているBINARYSTAR月例セミナーの 5.6.7月はDapps Game領域に焦点を当て、日本が世界に誇るゲーム市場の未来の形を提言し、Dapps Game領域の最先端ベンチャー企業やゲーム業界の有識者が、今後数年後に巻き起こるGame 3.0×Blockchain 3.0の議論をいたします!

ソーシャルゲーム業界ははスマートフォンの普及と相関して市場規模を拡大し、早期に参入した企業はその恩恵を十二分に獲得しました。Dapps Game市場も今後急激に拡大する見込みで、Dapps Game領域で日本企業が「今」とるべきアクションを議論していきます。

◆国内アプリゲーム市場

2017年の国内ゲームアプリ市場規模は、前年比9.2%増の1兆580億円となった。世界の主要地域と比較すると、中国・韓国(合計)が1兆9644億円、北米が1兆22億円、欧州が5389億円となり、アジアが世界のゲームアプリ市場の約6割を占めています。


◆現在のDappsGame市場

上位30タイトルの合計Volume(時価総額)は329万円 (2019年5月12日22:45現在)、24H内のユーザー総数は12011人、95位以下からはユーザー無し。


◆Dapps Game事業を円滑に進めていく為に

7月度のBINARYSTAR月例セミナーでは、Dapps Game市場を構築していく、日本の大手ゲームデベロッパーや新進気鋭のブロックチェーンベンチャー企業の方々に向けて最前線の情報を提供します。
すでにサービスロンチしているDapps Game企業やユーザー獲得にむけてマーケティング分野で動かれている企業の方にご登壇いただき、日本が世界に先駆けてDapps Game市場を構築していく為に必要なノウハウを提案いたします。

<Dapps Gameの将来性と日本企業が「今」取るべきアクション>


アジェンダ

1.Dapps Gameの最新動向とゲーム市場の変遷
19:00 – 19:25
登壇者:赤羽雄二氏

2.ソーシャルゲームが学び、Dapps Game市場でとるべきアクション
19:25 – 19:50

3.Dapps Gameの課題と今後の展望
19:50 – 20:10

4.Dappsの参入障壁を乗り越えるマーケティングアプローチ
20:10 – 20:30

5.パネルディスカッション
20:30 – 21:00
モデレーター:赤羽雄二氏、パネル:各講演登壇者

6.懇親会
21:00 – 21:30

(登壇者及び登壇内容は予告なく変更する場合がございます)

<登壇者詳細>

赤羽雄二 氏
【ブレークスルーパートナーズ株式会社】マネージングディレクター
【BINARYSTAR株式会社】アドバイザー・インキュベーションマネージャー

東大工学部卒業後、コマツにて超大型ダンプトラックの開発。スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼーにて14年間活躍。マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させた。

その後、創業前からのきめ細かな支援を特徴とするブレークスルーパートナーズを共同創業、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すべく活動中。同時に、大企業の経営改革、経営幹部育成、新事業創出に取り組む。

BINARYSTAR、Infinity Blockchain Group、ベトナムの280人規模アジア最大級のブロックチェーン開発ベンチャーInfinity Blockchain Labs、日本有数のブロックチェーン開発ベンチャー数社に株主およびアドバイザーとして関わる。

経済産業省、総務省などの研究会の委員を歴任。東京大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学 講師。

著書に『ゼロ秒思考』『世界基準の上司』『7日で作る事業計画書』『変化できる人』など、国内20冊、海外16冊、合計71万部。講演多数。(https://b-t-partners.com/book、https://b-t-partners.com/event )