FCA:前会計年度に発生した暗号資産に関わる詐欺による被害総額は3438万ドル

FCAのイメージ

前会計年度に発生した暗号資産に関わる詐欺による被害総額は3438万ドル

イギリスの金融行動監視機構(FCA)が発表した統計資料により、前会計年度に発生した通貨や暗号資産に関わる詐欺による被害総額は3438万ドルに達したことが明らかになった。

情報によると、多くの詐欺師がソーシャルメディアを悪用し「早く手に入れる」オンライン取引プラットフォームを宣伝したことで、過去の1年で詐欺の報告は1800件と、前年までに比べ3倍以上に増え、一人あたりの被害額は1.9万ドルになったという。これに対して、FCAは対策としてCMを通じて、民衆の詐欺を見極める意識を高めていくと述べていた。

 


News from:Reuters

この記事をシェアする: