日本銀行:Libraは規制困難で金融体制の脅威となる可能性がある

日本銀行とLibra

このほど日本銀行が、Libraという仮想通貨は規制を加えるには困難であり、金融体制にリスクをもたらす可能性があると言及したことが分かった。

Libraは多国の通貨と関連することで、すべての国の規制機関による監督を回避することができると述べたという。また,Libraのユーザーが地方銀行から預金を引き出してトークンを購入することにより、Facebookはここで得た資金をより大規模な銀行に預ける可能性が高いため、地方銀行の預金流出の原因となり得ると指摘した。これによって日本政府の短期国債の需要が高まり、金利の低下につながるとし、金融システム全体の安定性を損なう可能性があると報告されたという。